保険 転換 損

保険料減額を依頼したら新規加入の話を持ってきた

生命保険会社の営業職から加入した生命保険を見直したいと思ったら、やっぱり生命保険の営業職に連絡を取りますよね。

 

生命保険会社の営業職は、今加入中の保険を下取りに出せば、今とそんなに変わらず死亡保障を増やすことが出来ますなど
なんか良い話を持ちかけてきます。今までの保険の保険金を減額してくれればいいのに、なんか変な話になっています。

 

「生命保険って下取りが出金るんだ?いい話だなぁ」
と思ったら保険会社の営業の罠にかかったと言えるかもしれません。

 

保険の下取りというのは「転換」といいまして、今加入している生命保険を解約すると解約返戻金が発生します。
その解約返戻金をある程度の元本に充てて、新しい保険を加入させることです。

 

車をお持ちの方なら、今持っている中古車を下取りに出したときの下取り価格を次の新しい車の購入価格に充てて
新車価格との差額を支払うことを想像するとわかりやすいかもしません。

転換の多くは損します

生命保険の転換=下取りして新しい生命保険に乗り換える→これは損することが多いのです。

 

例えば、今現在継続加入中の生命保険←下取りに出す保険 と 転換する保険→新しく加入する保険 の、それぞれの予定利率が違うことが多いのです
多くは、元々加入していた生命保険の予定利率が大きく、新しく加入する生命保険の予定利率が小さいのです。

 

極端に例えると例えば解約返戻金がある、終身保険や養老保険、年金保険などの場合
予定利率が大きい場合→払い込んだ保険料の累計額が100万円のときに解約したら、解約返戻金(満期返戻金)が130万円になっていた
予定利率が小さい場合→払い込んだ保険料の累計額が100万円のときに解約したら、解約返戻金(満期返戻金)が105万円になっていた
こんな感じで、予定利率が大きい生命保険ほど資産価値(解約返戻金とか満期返戻金)が増えるのです。

 

ということは、解約返戻金がある生命保険の場合、保険料を払うのが苦しくなったとしても今までの生命保険を解約しないで
今加入している生命保険の保険金を半額などにしてもらってでも保険を継続した方が
今まで加入していた生命保険を下取りに出して転換して、予定利率の低い新しい生命保険にするよりも
かなり大きな解約返戻金(満期返戻金)を、将来見込めたはずです。

 

転換で死亡保障が増えたとしても、保険料を最後まで納め続けて満期が来て、満期受け取り金が大幅に減る場合があるのです。
転換した新しい保険は予定利率が低すぎて、満期返戻金や解約返戻金が極端に少ないということもあり得ます。

転換しても必ず損するわけではありません。

これは、生命保険を転換したときの欠点だけを書いていますが、実際は転換したら死亡保険金が少し上げられたとか
保険料を安くしたけど保険金はさほど変わらなかった、転換したら医療とかガンの特約が安く付けられた
等のメリットもあります。

 

元々加入していた生命保険が低い予定利率で、転換した保険が高い予定利率の、終身保険等の解約返戻金や満期返戻金がある保険であれば、かなり得する転換になります。

保険営業職の悲しい宿命

転換すると、生命保険の資産的価値が激減することが多いのも大問題なのですが
さらに問題なのは
T転換も保険の営業職や保険のオバちゃんの新規成績になること
U保険金の単純な減額をしても、保険の営業職や保険のオバちゃんの成績に「ならない」こと
V転換は既存客に行うので、新規客のようにゼロから営業を掛ける苦労が無く、比較的簡単に成績が挙げられること
一番大問題なのが
W転換という言葉を使わず、うわべのメリットだけをごり押しして、さらに予定利率が低いので資産的に損することを言わないこと
 損することを言わずにメリットだけ言って客を喜ばせて、簡単に成績が挙げられれば楽な仕事ですよね。

 

 

で、なんでこんなコトが起こるのかというと
生命保険の営業職は、
×自社の保険商品だけしか販売できない
×他社の商品との比較販売が出来ない
ので
なんとか自社商品だけで新規成績を挙げ続けなければいけないのが大きな原因の一つと言われています。

転換を持ちかけられたら確認と相談を

実際、生命保険の保険料減額を依頼しているのに、新しい保険へ乗り換える話を持ってくること自体、おかしい話ですし
場合によっては、失礼を超えた話ですよね。
もちろん、全ての転換が損になるということはありませんが、損する可能性がとても大きいのです。
生命保険の減額を保険営業に依頼したときに、新しい保険に乗り換える話を持ってこられたら、新旧の保険の予定利率を効いた上で
転換が損だと判断したら、毅然と保険料の減額だけ話すのが得策でしょう。

 

もし、生命保険の転換を保険の営業職に押し切られそうになったら、次回のアポイントを二週間後など長めに設定して
その間に生命保険の専門家やファイナンシャルプランナーなどに、生命保険の減額を相談した方が良いと思います。
多くのファイナンシャルプランナーは、特定の保険会社の利益になるようなことをせず、公正な判断をしてくれて良い結果になるようにアドバイスしてくれますよ。